第24回 改良を重ねて、真っ直ぐになる

国道162号 廃道 旧道
道路沿いから下の景色を見渡せる、最後の場所
いよいよ現道との合流は近づいています。

国道162号 廃道 旧道
折り畳まれた直線道路、山側には高い擁壁、路肩には縁石、そしてセンターラインですが…

国道162号 廃道 旧道
ラインのすぐ隣の1車線が埋められられてしまいました。

国道162号 廃道 旧道
この辺りは、大型車が路肩に駐車できるほどの道幅がありました。

国道162号 廃道 旧道

小刻みなカーブを削って拡幅したようです。

国道162号 廃道 旧道
道幅がぐっと狭まるところに、荒々しい練り積みの石垣が現れました。

国道162号 廃道 旧道
さまざまな擁壁や石垣の形式が、完成当時の小刻みに曲がりくねった坂道であったこと、
改良を重ねて、徐々に真っ直ぐになったことを教えてくれます。

国道162号 廃道 旧道
そして現れる突然の急カーブ。
次回、最終回です。

コメントを残す